会社概要│株式会社常盤-外壁材など各種建築資材の設計・施工・販売

会社概要

ご挨拶

株式会社 常盤は外壁材を主とした、各種建築資材の販売・施工管理を手掛けております。
創立以来半世紀を越える実績を持ち、その時々の経済環境の変化にも素早く対応してまいりました。
とりわけ建築の性能・施工の品質向上には、積極的に取り組んでいます。
これからも時代のニーズに対応しながら、新商品や工法の提案など付加価値の高い
提案型企業として、地域社会に貢献してまいります。

                    代表取締役 藤本 智久



会社概要

会社名 株式会社 常盤
代表取締役 藤本 智久
資本金 1,200万円
創業 昭和32年7月
設立 昭和51年8月
建設業許可 大阪府知事(般)第85873号
本社所在地 〒584-0032 大阪府富田林市常盤町53番1号
TEL:0721-25-5729(代)/FAX:0721-25-6200
大阪営業所 〒545-0014 大阪市阿倍野区西田辺町2丁目9番20号
TEL:06-6606-3333(代)/FAX:06-6606-3322
営業内容 ALC・押出成型セメント板・各種サイディング・金属断熱パネル・耐火被覆材
各種建材:販売・施工管理
関連会社 藤本窯業 株式会社
大阪府富田林市常盤町53番1号
TEL:0721-24-3186(代)/FAX:0721-25-5646
(各種和洋瓦・新生屋根材・波型スレート・各種ボード:卸・施工・販売)

株式会社 関 住
大阪府富田林市常盤町3番9号
TEL:0721-25-1245(代)/FAX:0721-25-1285
(富田林市公認給排水衛生設備工事・厨房設備機器・冷暖房機器・一般住宅設備機器並びに太陽光発電システムの販売・施工・不動産取引業)

取引銀行 三菱UFJ銀行富田林支店・三井住友銀行富田林支店

沿革

昭和32年7月 藤本英治により、富田林市において屋根材の販売・施工を藤本商店として創業する。
昭和41年7月 資本金300万円にて、藤本窯業株式会社に組織変更し藤本英治が代表取締役に就任
昭和42年3月 富田林市常盤町53番1号に新社屋を建設、本社移転
昭和43年11月 日本セメント株式会社イトン事業本部と特約店契約を結び、ALCの販売・施工に着手
昭和44年4月 資本金を600万円に増資
昭和51年8月 資本金300万円にて、株式会社常盤ビルを設立しALC販売・施工部門を分離・独立
また不動産の賃貸・管理業務を開始
昭和60年1月 株式会社常盤ビルを株式会社常盤に商号変更する。
藤本窯業株式会よりALC卸部門を株式会社常盤に移管する
平成3年5月 建設業許可取得 大阪府知事許可(とび・土工)
平成4年12月 富田林市甲田に社員寮建設
平成5年7月 資本金を1,200万円に増資
平成6年5月 建設業許可変更取得 大阪府知事許可(建築工事業)
平成9年5月 建設業許可追加取得 大阪府知事許可(タイル・レンガ・ブロック工事業)
平成12年7月 クリオン株式会社と特約代理店契約を結ぶ
平成12年11月 株式会社常盤 大阪営業所を大阪市北区天満にて開設
平成17年12月 大阪営業所を事業拡張の為、大阪市阿倍野区西田辺町に移転
平成19年5月 建設業許可追加取得 大阪府知事許可
(屋根工事業・内装仕上工事業・防水工事業・熱絶縁工事業)
平成19年9月 藤本 智久  代表取締役に就任

本社

大阪営業所